雪国

豪雪地帯を行く鉄路。

日本のなかでも北海道はもちろん、
東北、甲信越の特に内陸地方に位置するローカル線の冬は厳しい。

私はこの時代にあって、
国鉄時代かと思えるような車両が、
このような厳しくも美しい広大な風景の中を行く姿を見ることができるとは思ってもいなかった。


2007年2月 JR大糸線 北小谷

070203-kitaotari2.jpg
2007年2月 JR大糸線 北小谷
スポンサーサイト

日本の冬

日本の田舎の原風景。
何をイメージするでしょう。
瓦屋根の民家や田畑、それに屋敷森や畦道・・・
私の場合、軒先の柿の木。
言葉では表現しきれない匂いや風情を感じます。

冬になれば
収穫もされず取り残された柿の実は、
降り積もった雪の白と鮮やかに
日本の冬を飾ります。

s-131228IMG_0555-2.jpg
2013年12月 養老鉄道

トトロの住む森

地元の小学生によって描かれたトトロが住む、微笑ましい駅。
自然と共存することの意味を、自然の中で感じ、心に刻む幼少時代を過ごすことでしょう。
この森に触れ合う小学生たちは、とても幸せに思えます。


小湊鉄道 上総大久保駅

s-140118IMG_0793-2.jpg
同上

列車移動も観光に

言わばカシオペア・北斗星・トワイライトEXPに見られるのは、
移動と同時に、移動そのものも一つの観光スポット、イベントにしてしまおうという試み。
昨年はその車両を観光に、それも贅沢な、といった具合で、九州ななつ星トレインなども走り出しました。

ここ近鉄でも、20年ごとにやってくる伊勢神宮式年遷宮に合わせるかのように、
特急しまかぜをデビューさせました。
車両を観光に、という思いもあるでしょうが、
式年遷宮、そしてさらに盛り上げたい志摩スペイン村などなど、ひっくるめて意味を持たそうとしているでしょう。
この”しまかぜ”はどこまでそれに答えてくれるか。
ブームが去った後だからこそ、これからが正念場だと思います。


2013年12月 近鉄志摩線 鳥羽付近
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム