水害の歴史

近鉄生駒線。
私が直面した中で、最も被害が大きかったのが1999年8月の大雨。
新聞記事が見つけ出せなかったので、記憶が定かでないが、
この日、始発列車は問題なく運行されたのに、2番列車か3番列車か、
後続の列車の運転士が元山上口~東山間の竜田川の崖が部分的に崩落し、
線路が宙吊りになっているのを発見。
そのまま、8月下旬頃まで東山~平群間が不通となった。
元山上口駅のみが、しばらく列車がこない状態となる、
未曾有の災害であったと思う。
元山上口以南に閉じ込められた車両は、再び開通するまでの間、
ひたすら平群~王寺の輸送に従事した。

1999年8月11日 近鉄生駒線 元山上口~東山
懸命の復旧作業が続いた


同上
s-IMG_0004.jpg

1999年8月11日 近鉄生駒線 平群駅
当然、「平群行」なる行き先が表示できるモノは存在しなかったので、
泣く泣く「紙」に書いて運転されていた。
s-IMG_0006.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

生駒線 水害の歴史

1つ前の投稿の写真に写っている橋は、
実は2000年7月の竜田川の洪水で流されかけたため、
一旦撤去される前のものである。

生駒線は竜田川に沿って敷かれた線であるが故に、
古くから竜田川の水害と向き合ってきた歴史の側面を持つ。

竜田川は時々氾濫しては、生駒線に大きな被害をもたらしてきた。
萩の台~南生駒の河川改良工事・・・実際に着工に踏み切った事件が、2000年7月の水害だったと思う。

写真は、竜田川が洪水で橋が流されかけた時に撮影したもの。
鉄道職員が懸命の夜通し復旧作業で、翌日にはなんとか列車は走ったと記憶している。

2000年7月4日 近鉄生駒線 萩の台~南生駒 橋の付根が少しズレ落ちているのがわかる
000712-南生駒水害


後日、橋が撤去された状態の風景。

IMG_0033-L66.jpg


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム