新緑の湖西路

新緑の季節は緑が美しい。
田畑にも水が張られ、ちょっとした鏡もできたりする。
で、これは直前になって少し風が吹き、水鏡失敗に終わった写真。

それにしてもEF81は地味で楽しい。
まったく同じ形式の機関車だと言うのに、
貨物と日本海とトワイライトでは
ここまで表情が違うのかと思う。

湖西線 特急日本海 2008年5月


同上 貨物
s-IMG_3352-2.jpg

同上 トワイライトエクスプレス
s-IMG_3367.jpg
スポンサーサイト

夜霧

静かな夜。
雪が降りやむ。
霧が辺りを包んでゆく。

ピーッ。
機関車が、
遠い夜霧に
声を放つ。

音の無い発車。
ゆっくりと
ナトリウム灯の霞みへと
消えてゆく。

今夜も日本海の沿線で、
そんな心に染みる時を刻む。

奥羽本線 大館駅 2012年1月


s-IMG_8101.jpg

新疋田駅

当時、今ほど有名な撮影地に出向くことがなかったせいか、
結局疋田の有名ポイントへは行けていない。
駅からのカットが出てきた。
何となく撮影したのだろうが、なぜか「日本海」の写真は、そんな気軽な感じのショットが多い。

2枚とも 2005年10月 新疋田駅


s-051010-hikida1jpg.jpg

函館にて

こんなのも撮ってました。
本当に駅でたまたま撮ったスナップですが・・・

青函トンネルが開通してまっ先に北海道に足を踏み入れた日本海。
その後、観光を全面に押し出したトワイライトエクスプレスが登場し、
事実上、”観光”にトワイライト ”それ以外”に日本海 という格好になってしまい、
日本海はなんだか中途半端な位置づけとなったように思う。


1998年8月 函館駅 日本海1号

冬の湖西路

冬、特急日本海の走る路は、滋賀県から青森県に至るまで雪に見舞われる。
湖西線に至っては近畿地方であるにもかかわらず、
雪が降れば北国の地方顔負けの吹雪になる。
大阪を出発してから青森に到着するまで、モノクロの世界を駆け抜ける。
日本海は ”雪” の似合う列車だ。

湖西線 マキノ駅 2000年2月9日 日本海4号


s-000209-makino.jpg

粉雪の舞う朝

大晦日の朝。
起きると外はコバルトブルー。
時折風に舞いながらひらひらと舞い降りる粉雪。
私は大館駅に降り立った。
関西からの帰省。
身をすくめる寒さの中、人々はユックリと故郷の匂いを感じていた。

2006年12月31日 日本海1号



去りゆくテールは、どうして物悲しいのだろう。

同上
s-061231-odate1.jpg
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム