何度目かの日本海

冬、東北に行くのが好きだった。
夜行で行くのが好きだった。
車内に入れば、里帰りの人々が、思い思いの寝支度をしていた。
向かい合わせになった人は、忘れることなく、今も覚えている。
この時は、広島で運送業を営む、少し丸顔の陽気なおっちゃんだった。
「嫁の実家が秋田でなぁ。改装したとかで、見に行くんや。
 いずれ住むことにしよかと思ってる。でも寒いしなぁ。」
二度と会わないとわかってるから話せる本音。
みず知らずの人たちが集まる開放されたホテルは、
人の心の内も開くような、なにか面倒なような、心地良いような、そんな空間だった。

2006年12月30日 大阪駅 日本海1号

スポンサーサイト

憧れの寝台特急

興味津々。
大阪でみる 「日本海」 という少し遠い国のような響き。
そして少しくたびれた、それでも鮮やかなブルーの列車。
テールマークは、子供たちの心に、どんな思い出を焼き付けたのだろう・・・

大阪駅 2005年1月 日本海4号到着
s-070100-osaka.jpg



きちんと並んでいる姿を撮るべきでした。
103系と並ぶと、昭和の刹那を刻む。

同上

奥羽の秋

秋も深まる奥羽路。
ひたすらに続く田園風景をゆく。

羽越まで頑張って向かうか迷った末の撮影。
当時、日本海は2.3号は十分日本海バックの日本海が明るい時間に見れた。
少し後悔してはいるが、ゆっくりと終着青森を目指すその走りを見れて、
やっぱり日本海はいいな、と感じた。

2006年秋 奥羽本線
s-061000-odate2.jpg

s-061000-odate.jpg

今庄

今庄での一景。
このとき、残念ながら思い通りのカットにならなかったが、
もう、撮りに行けるチャンスもなさそうだ・・・

2006年 夏 北陸本線 今庄辺り

雪国の便り

早朝の東海道本線大阪口。
私が学生だった10数年前は、まだ東西からと寝台列車が終点を目指し顔を出していた。
銀河、きたぐに、日本海2・4号、あかつき、彗星、なは・・・

特に冬場、東北地方から来る夜行列車は、雪を車体に付けてくることもしばしば。
人情あふれる旅人たちとともに、北国の厳しさも伝えてくれる存在だった。

2枚とも 2001年冬 東海道本線 山崎付近 日本海2号


s-010217-hyakuyama1.jpg

白い化粧

夜通し吹雪にさらされた寝台列車は、その雪を身にまとい朝を迎える。
冬の厳しさという化粧。
それは「日本海」の厳しさそのもの。
モノクロの世界の中を、今日も走る。

JR大館駅 2004年12月 日本海3号

旅への誘い

シックな青の車体。
カーテンの閉まった静かな車内。
すこし幅が狭めの入口。
入口の上には”B寝台”の表示。
さりげなく灯されている足元灯。

ブルートレインの旅の始まりの高揚感。

いいですよね。

2枚とも 2004年12月 敦賀駅 日本海3号


s-050102-tsuruga2.jpg


大阪駅10番、11番ホームの旅情

ターミナルの片隅に漂う「北国への旅情」。
大阪駅10・11番ホームの”特別”な雰囲気は、好きだ。
特に、夜は夜行列車が静かにお客さんを待っている姿はたまらない。
その入口を入れば、明日の朝には北国を走っている。
そう思うだけで、ワクワクしてくる。

写真はもう7年も前に乗車した日本海3号。
写真を見るだけで、その時の旅の匂いを思い出す。

大阪駅 2005年1月

日本海1.4号

函館まで足を伸ばしていた時代の日本海。
青函トンネルが開通した時、食堂車を連結する構想もあったとか。
結局それは1975年まで走っていた20系寝台車編成以来、最後まで叶わぬこととなった。


JR東海道本線山崎付近 1999年

春の湖西路をゆく特急日本海

日本海の春はもうやってこない。
最後の冬、終焉とともに頭の中に訪れるのは、永遠に残る記憶。

JR湖西線

しばらく日本海モード

夏乗っても冬乗っても、旅情たっぷりの列車でした。
2008年3月までは、2往復体制で、特に2,3号は朝早くでまだ山形県内を走るダイヤであり、日が昇ってから長い時間、北国の旅情を寝台で堪能することができてました。
社内販売がやってきて、朝ごはんのお弁当を買い、田舎に帰る という向かいのおっちゃんと話が弾む というのが日常的だったのが、本当に懐かしく思えてきます。

奥羽本線

好きな旅情

とにかく、寝台特急日本海の旅情はいい。
それがなくなるのは、本当に残念。
今まで沢山の寝台列車がなくなったが、
日本海がなくなるのは、少し感慨深いものがある。

湖西線 近江中庄

謹賀新年2012

旧年中はおかげを持ちまして健康に生きることができました。

今年はとにかく コツコツすること を習慣づけることを心がけたい一年です。

そして、「正しく生きる」 という意味に向き合う一年にしたいと思います。

本年も皆さまにとって、ご多幸の年となりますように。 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


タイトル:朝焼け  阪急今津線西宮北口~阪神国道
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム