名松線 before / after

まだ復旧工事が再開していない時と、
現在の比較です。
今から4年前に撮影した時は、
本当に復旧するのだろうか、と思うほど
鉄路は自然に返っていました。
本当に再び鉄路に輝きが戻って感動です。

s-1207IMG_1695.jpg
比津~伊勢鎌倉 上2012年 下2016年
s-160326IMG_1530-2.jpg


s-1207IMG_1698.jpg
比津 上2012年 下2016年
s-160326IMG_1527.jpg


s-1207IMG_1709.jpg
伊勢八知 上2012年 下2016年
s-1603IMG_1558-2.jpg


s-1207IMG_1681.jpg
伊勢奥津 上2012年 下2016年
s-160326IMG_1605-2.jpg

スポンサーサイト

6年5ヵ月 という歳月

先月26日、
約6年5ヵ月ぶりに
鉄路に列車が走る、
そんな現場を見てきました。
住民の運動が市、そして県、鉄道会社までを動かし、
台風被害による不通から復活したのです。

「運動し続けた甲斐があった、本当にうれしい」
そんな声が聞こえるなか、
「これからやな、これからどうしてゆくか・・・」
そんな声も聞こえてきました。

団結した人達の力は底知れず強いものになると信じています。
これからの名松線にも期待。


JR東海 名松線 比津~伊勢奥津
*6年半振りの一番列車は、地元の小学生も総出で見送っていました。

s-160326IMG_1619-2.jpg
伊勢奥津

s-160326IMG_1540-2.jpg
比津
*熱烈歓迎の文字が印象に残ります*

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

今の日常

名松線の今は、家城駅での折り返し運転。
それでもきちんと利用者がいて、日々の営みを続けている。
家城行ではなく、伊勢奥津行となる日常が、待ち遠しい。

s-IMG_1752-2.jpg
2012年7月 名松線 伊勢川口

s-IMG_1753.jpg
2012年7月 名松線 伊勢川口
夕暮れ時、遠く県境の国見山を望み去りゆく単行気動車。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

また会う日まで


2012年7月 名松線 比津駅付近

2009年の自然災害を境に不通となっている名松線の家城~伊勢奥津。
昨年、地元自治体の粘り強い交渉と治水対策の協力により、バス転換という方針から鉄道復旧という復活の方向へと一転しました。
運転再開は2015~2016年とされ、少しずつ復活に向けての活動が始まっていると思われます。
写真は、その朗報が流れた直後の休止区間の姿。
そのまま自然の中に朽ち果ててゆくかのような光景は淋しさをおぼえると同時に、
自然との共存をいかに考えているのか?と迫られているような気さえ感じました。

s-IMG_1730.jpg
2012年7月 名松線 伊勢竹原駅付近

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

自然に還る

家でも住まなければ朽ち果ててゆく。
鉄路も同じ。
使われずに自然に飲み込まれていく光景は心が痛む。
いつか元気に鉄路の上が光り輝いている風景になることを祈るばかりだ。

JR東海 名松線 伊勢竹原駅

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム