永平寺線 その2

前回の続きで、中間駅の諏訪間駅です。

s-9612-001006-2.jpg
1996年12月 永平寺線 諏訪間駅

s-1601IMG_1071-2.jpg
現在の同アングル

s-9612-001005-2.jpg
1996年12月 永平寺線 諏訪間駅

s-1601IMG_1073-2.jpg
現在の同アングル

s-9612-001008-2.jpg
1996年12月 永平寺線 諏訪間駅

s-1601IMG_1074-2.jpg
現在の同アングル

s-9612-001007.jpg
1996年12月 永平寺線 諏訪間駅

s-1601IMG_1072-2.jpg
現在の同アングル

諏訪間駅は跡形もなかったですが、
さりげなく置かれているベンチだけが
ここに駅があったことを主張していました。
線路跡はほぼ全区間で遊歩道として整備されており
廃線跡の中では比較的痕跡を見つけやすい状態です。

よく見てみると
周辺の建物なども少しずつ変わってきているのですね




スポンサーサイト

19年という歳月

当ブログを覗いてくださり、
ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最初は、
二昔前に記録した場所に行って、
今どうなっているか、
当時の記録と全く同じ場所に立ち
記録してきたものを紹介します。

同じ趣味を続けているからこそできる楽しみ方。
歳をとるのも悪くないですね。

一枚目は
永平寺駅です。
京福電鉄電鉄永平寺線の終点としてお寺の門前に存在した駅です。
山深く凛とした空気に包まれた、
まさに曹洞宗の総本山に相応しい
どっしりとした木造の佇まいでした。

s-9612-001009-2.jpg
京福電鉄 永平寺線 永平寺 1996年12月

当時はまだ写真を撮ることに目覚めておらず、
旅の記録に撮っていた程度なのですが、
今見返してみると、撮っておいて良かったと思います。

さて、次は現在のこの場所です。

s-1601IMG_1049-2.jpg
同場所 ほぼ同アングル 2016年1月

2002年10月に永平寺線は廃線となり、
現在は完全にホームの高さまで舗装されていました。
かつて存在した駅舎も姿を消し、
バス停の看板だけがちょこんと立っています。


日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム