復活した鉄路

s-1508IMG_9146-2.jpg
信楽高原鐵道 勅旨~雲井

昨日、仕事の関係で滋賀に行っておりましたので、
ここぞとばかりに、信楽高原鐵道を見てきました。

2013年9月 台風で橋梁が流され不通。
2014年11月 復旧
信楽高原鐵道はわずか1年で台風の爪痕を修正し、
再び鉄路に列車を走らせることに成功しました。

東北大震災で甚大な被害を受けた三陸鉄道や
2009年の自然災害から不通のJR名松線のように
再び命を吹き込む方向に向かう鉄路もあれば、

高千穂鉄道やJR岩泉線のように
自然災害から立ち直ることができず、
そのまま終焉を迎える鉄路もあります。

災害の規模や地形などの差はあるとは思いますが、
この明暗を分けるのは、何なのでしょうか。
最後は復活を願う人々の信念が
どこまで未来を動かせることができるか、
そのような魂の力だと感じます。

通常であれば、
復活は極めて困難である鉄路ばかりです。
それでも復活させるというのは
 奇跡 
の光景だと感じます。

晩夏、稲の輝く田舎道を、
何気なくコトコト走る単行ディーゼルカーをみながら、
考えさせられた1日でした。

s-1508IMG_9091-2.jpg
貴生川~紫香楽宮跡

s-1508IMG_9110-3.jpg
雲井駅
信楽焼のタヌキもホームで待つ、微笑ましい光景が、この路線にはあります。

s-1508IMG_9117-2.jpg
雲井駅を去るディーゼル。

s-1508IMG_9122.jpg
雲井駅は風情のある駅です。

s-1508IMG_9120.jpg
復旧した時の名残りでしょうか。再出発の看板が駅に掲げられていました。
スポンサーサイト
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム