おもてなし

s-130921IMG_9303.jpg
肥薩おれんじ食堂 2号車

s-130921IMG_9307-2.jpg
同上

ぱっと見た感じは一般的なディーゼルカーなのに、
徹底的にこだわった装飾。
これにかける意気込みを感じます。
スポンサーサイト

列車の贅沢

続きです。
この列車、2両編成で、いうなれば2両とも食堂車です。
今までの列車の概念を完全に覆す素晴らしい構成です。
内1両にはバーカウンターがあり、九州の焼酎が種類も豊富に取り揃えてあり、
列車に揺られながら地元焼酎を味わいながら、旅に酔いしれるという贅沢が用意されています。

沿線のレストランが作る食を味わいながら、
八代海の穏やかな風景に浸る・・・

列車に乗る事が楽しい、と、より多くの人が思えるようなコンセプトは、
今後も全国に広まってゆくのではないかと思えました。


おれんじ食堂1号車 バーカウンター

s-130921-IMG_9292.jpg

s-130921IMG_9298-2.jpg
八代海のパノラマが広がる車窓

s-130921IMG_9333-2.jpg

食と鉄道

s-130921IMG_9301.jpg
2013年9月 肥薩おれんじ鉄道

長きにわたり、鉄道における食堂車とは、単なる3度の飯を提供するという意味合いが強かったと思います。
そんな食堂車の概念を変えたのが、北斗星やトワイライトEXPといった豪華寝台列車の食堂車でしょう。
それ以外の、”今までいう食堂車”の概念はすっかり淘汰され、一時は食堂車がほとんど存在しない世の中となりました。
しかし、最近、改めて車内で食を楽しむ、といった思想が見直されつつあり、
少しづつ、そういった列車が走り始めています。
肥薩おれんじ鉄道もその一貫でしょう。
今年の3月より営業を開始した肥薩おれんじ鉄道は、私の想像よりもはるかに素晴らしいおもてなしをしてくれる列車でした。
JR九州をはじめ、九州の鉄道は、「鉄道の文化」という視点をきちんと見つめ、新たな潜在需要の創造に成功しているように感じます。
この秋、その極めつけとして、七つ星トレインが登場しますが、これもその一貫ではあると思います。今まで培ってきたサービス、そして航空、船舶、宿泊施設など、様々なノウハウがどのように花開かせてくれるのか、楽しみな列車だと思います。

s-130921IMG_9322.jpg
同上
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム