2014年振り返り【6月】

6月は仕事上の都合でほとんど趣味に打ち込むことはありませんでした。
唯一出かけた南海高野線でのワンカット。
本当にいつ行っても魅力的な登山鉄道です。
難波という大都会から直通でこんな山道まで踏み入れるのが
心わくわくさせます。


南海電鉄 高野線 上古沢
スポンサーサイト

2014年振り返り【3月】

3月は特に遠出もせず、
近場をウロウロしておりました。
3月は冬の終わり。
枯れ木を駆ける列車から見る車窓は
まだまだ淋しい景色。


南海 高野線 紀伊神谷付近

初夏の高野山

初夏の高野山。
山は若葉から少しずつ深い緑へと姿を変え、
高野山への道程として相応しい、
深みのある道になってきています。

道程の途中にある駅は、
断崖絶壁とはいかないまでも、
急峻な山の斜面にへばりつくように存在し、
駅の部分だけが勾配のない作りになっています。

写真は、上古沢駅を対岸の集落から眺めたものです。
まさに、駅をでた電車は、
すぐに50パーミルの勾配をゆっくりと登り、
その姿は、登山鉄道の感動を私に与えてくれました。



南海電鉄 高野線 上古沢駅

本年もどうぞよろしくお願いします

今年の1枚目は、最近また魅力に感じる南海高野線より。
特急も走る私鉄幹線にしてこの奥深い崖の道。

普通電車の吊りかけ広告は、
各地の登山鉄道をコマーシャルしている。
それほど日本でも有数の登山鉄道でしょう。
50パーミル
車体をきしませながら、レールが車輪フランジ部に擦れる甲高い音
時速30キロ前後で進む列車
訪れるたび、その鉄路の奥深い魅力に惹きつけられます。

s-140112IMG_0770-2.jpg
南海電鉄 高野線 下古沢~上古沢

2013年振り返り【11月】

秋の高野線も風情があります。
冬も是非行きたいと思っている次第です。

s-131123IMG_9820-2.jpg

s-131123IMG_9880.jpg
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム