旧型客車 寸景

とかく保存鉄道の多くは、機関車(SLなど)に目が行きがちですが、
やはりその後ろにつながれている客車が重要ですね。
鉄道の最先端をゆく日本では、もはや客車列車は非日常となってしまいましたので、
客車列車そのものが保存されるべき対象なのかもしれません。
そういった観点からみても、機関車のみならず、客車が保存されていて、
しかも”動かすことができる”というのは極めて魅力的な存在といえます。
片上鉄道の保存車両も客車もしくは貨車がきちんと存在し、乗車することもできるとあって、
本当にいつまでも存在していてほしいと思います。


柵原ふれあい鉱山公園 
スポンサーサイト

タイムスリップ

5月の新緑の季節。
私は不思議と岡山方面へと足を運んでしまう。
中国山地の山々は年間を通じても新緑の季節が一番鮮やかに彩られるような気がする。

今回足を運んだ場所は柵原ふれあい鉱山公園。
訪れるのは9年ぶり。
変わらず動いている元片上鉄道の保存鉄道を見て、うれしくなった。
保存会のひたむきな維持活動には頭が上がらない。
本当に一時ではあるが、集まった人々にいろんな想いを与えてくれる、そんな存在だと思う。


柵原ふれあい鉱山公園内(元片上鉄道吉ケ原駅) **農地内、許可を得て撮影**

s-130505IMG_7470.jpg
同上
田畑の畦にはレンゲが美しく。
春のうっとりする陽気と心の中に霞むように映る昔日の記憶をイメージして、少しソフトに撮影してみました。
日本ブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
プロフィール

かすが

Author:かすが
平凡な社会人です。
1980年生まれ。
現在は兵庫県西宮市在住。
生まれつきの鉄道好き。
乗り鉄、切符、模型、写真・・・
幅が再現なく広がってゆき、
現在は 写真 の魅力に。

カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム